アニメ ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第34話 感想

TVアニメ『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』公式サイト

私だ
TOKYO MX34話 鎮魂歌は静かに奏でられる その1です

アバンは、「時よ再始動しろ――ッ!!」→ドスゥッ!→溶けていくチャリオッツ→
謎の気配を感じるディアボロ→「きさま……… !? 何者だ!! いつからそこにいるッ!!」→
何故か矢を落としてしまうディアボロ→眠ってしまうディアボロ→眠ってしまうジョルノ達→
OP→提供→CM→Aパートへ

みんな揃って( ˘ω˘)スヤァ
からの恒例の特殊OPキター!
ディアボロはイタリア語で喋ってんのかこれ
五部はそう来たかー、ラストいつもと違うコーラス入りになってるのも面白いな

Aパートは、眠るローマ中の生き物→花の中から飛び立つ蜂→もう夜明け→目覚めるジョルノ達→
手が血で濡れているジョルノ→亀を回収し拳銃を構えるトリッシュ→話が噛み合わないジョルノとトリッシュ→
目覚めるミスタ→入れ替わったジョルノとナランチャ、ミスタとトリッシュの精神→
ブチャラティは誰と入れ替わったか→「彼に近づくんじゃあないッ!ナランチャッ!」→
出ないエアロスミス→すでに出ていたエアロスミス→力が漲るピストルズ→
目を覚まし始めるローマの人々→「ブチャラティは誰と入れ替わったのだ?」→ボスの魂は感じないトリッシュ→
喋り出す亀→亀から鍵を取り外すゴールド・E→喋り続ける亀=ポルナレフ→CM→Bパートへ

突如眠ってしまったローマ中の生き物
目が覚めたらなんだか様子がおかしい
もしかして俺達&私達、入れ替わってるー!?
ショック受けるミスタ(中身トリッシュ)の表情ワロタ
謎のスタンド能力によって精神が入れ替わり、ダメージがないどころか精神力は絶好調
これは攻撃ではないのか、流石の名探偵ジョルノも困惑
警官と護送中の犯人、警官と小鳥、母親と赤ん坊の入れ替わりは、
原作ではもう少し先でやるのだが、アニメではエアロスミスがコロッセオ周囲を偵察するシーンで挿入
ポルナレフ!生きとったんかワレ!!
と思ったら肉体は死んでいて魂が亀と入れ替わって亀ナレフに

Bパートは、ポルナレフによる状況説明→2年前に起きた些細な事→
「スタンド力には先があったのだッ!今よりもさらに先がなッ!」→
ボスよりも先に暴走したチャリオッツから矢を取り上げろ→「「ボス」は…2人組だ…」→
ゲートから入ってくる1人→ディアボロ→闇の中に暴走チャリオッツレクイエム→
ディアボロからS・フィンガーズ→「ブチャラティの魂だッ!」→
矢を持ったチャリオッツレクイエムの腕を切り落とすS・フィンガーズ→
To Be Continued→ED→CM→次回予告→提供

アイキャッチは各キャラの魂入れ替わり表
コミックスにもあったやつですね
ポルナレフの状況説明シーン結構省略というか短くまとめてるな
原作通りやると尺取りそうだし
チャリオッツレクイエム、原作だと真っ黒に見えるけどアニメだと黒っぽい銀だな
ラストでブチャラティのBGM入れてくるのかっこよすぎるわ
ブチャはポルナレフの説明殆ど聞いてないはずなのに迷わず走って矢を奪いに来る判断力パネェ
なんか今回いつも以上にあっという間に終わってしまった様に感じたぞ
時飛ばされてんのか俺!?
今回声優陣頑張ったなあ、肉体と声優はそのままなんだけど入れ替わった精神で演じるから
EDのキャスト覧もジョルノ・ジョバァーナ(ナランチャ・ギルガ)って表記でワロタ
そのEDにチャリオッツレクイエム追加されとる


ハセガワダイスケ/裏切り者のレクイエム
ワーナー・ホーム・ビデオ
2019-03-27
ハセガワダイスケ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック