ウルトラマン ニュージェネレーションクロニクル 第21話 感想

ウルトラマン ニュージェネレーションクロニクル テレビ東京アニメ公式

私だ
第21話「計略!サクリファイス!!」

あらすじ
「ウルトラマンジード」の伊賀栗レイト(演:小澤雄太)が登場!
ウルトラマンゼロとの苦しくもかけがえのない思い出を語る!

OPと提供後はのんびりしてるブースカの隣に、
仕事が忙しそうなレイトさんキター!
ゼロを懐かしがるレイトさん、M78星雲で元気にしてるか気になってるようだけど、
ゼロなら多分今も色んな宇宙飛び回ってると思う
残念ながらブースカ劇場ではゼロの上映予定はない

本編はジード7話「サクリファイス」
伏井出ストってワードすき
伏井出先生のSF小説はみんなベリ銀関係が元ネタ
先生講演中の銀河マーケット店長が完全に痛いファン
ギャラクトロン召喚する先生、今月はギャラクトロン強化月間だな
オーブすら初戦で負けるギャラクトロンに未熟なジードじゃ勝ち目無いわなあ
ギャラクトロンの光線直撃でウルトラゼロアイNEOが石化する演出の絶望感

本編後はレイト・ブースカパート
レイトさん本編の再現してて草
そら買い物から帰ってきたペガも知り合いがよく分からん事してたら困惑するわ
次回へ続く

次回はウルトラマン ニュージェネレーションクロニクル 第22話「閃烈!運命を越えて行け!!」
提供バックは新ウルトラマンのタイガとヒロユキ


ウルトラ怪獣シリーズ97 ブースカ
バンダイ(BANDAI)
2018-10-27

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック