今日のTFプライム

超ロボット生命体 トランスフォーマー プライム|テレビ愛知

私だ
ネメシスのインセクティコンが巣食う部屋を訪れるメガトロンは、
インセクティコンで一番強いというハードシェルに、ある物を持ってくるように命じる

オプティマスが南極へ向かい、
バンブルビー、アーシー、ジャック、ミコがニューヨークへ向かい、
ラチェット、ホイルジャックが行動を共にしていた頃、
バルクヘッドは、赤道付近の火山地帯にあるアイアコンの遺産を回収に向かっていた
道中、襲撃するハードシェルをダウンさせて先を急ぐ
戦闘のダメージで身体のどこからかエネルゴンが漏れ出してしまうバルクヘッドであったが、
遺産の発見に成功する
バルクヘッドが見つけた遺産は毒エネルゴン、通称毒エネ
近くにいると体調が悪くなり、長く触れていると機能停止状態に陥り、TFの命を奪う代物だ
かつてメガトロンは純粋な毒エネを抽出して大量殺戮兵器を造り、
オートボットの一個小隊を丸ごとやられた経緯がある
ディセプティコンには絶対に悪用させてはならない
そこへ、ハードシェルが仲間のインセクティコンを引き連れて追いついてきた
毒エネを収めた容器に近付く1匹のインセクティコン
しかし、インセクティコンは爆風に吹き飛ばされた
バルクヘッドが毒エネのかけらに仕掛けた手榴弾だ

バルクヘッドは残りの毒エネを素手で持ち運んでいた
火山の噴火口に毒エネを放り込んで処分するのだが、何故か火山から遠ざかっているバルクヘッド

ハードシェル達は地面に落ちている青いものを発見する
それは、バルクヘッドの身体から漏れ出したエネルゴンだった

バルクヘッドの遠回りは敵を欺くためのものだった
レンジャー部隊にいた頃同じ手を使った、と基地から通信で語るファウラー
火口へ向かうバルクヘッドだが、徐々に足取りが重くなってきた
ちょっとだけ休みたいと言って、とうとう倒れこんでしまうバルクヘッド
毒エネにより体調を悪くし始めているのだ
もう駄目だと弱音を吐くバルクヘッドに、もっと苦しい事も乗り越えてきただろと励ますファウラー
バルクヘッドはこれまでの戦いを思い出す
家族の為に家に帰らなければならない、
バルクヘッドはオートボットの仲間やミコの為に再び立ち上がる
漸く火口へたどり着いたバルクヘッド
そこへまかれた事に気付いたハードシェル達がやってきて囲まれてしまう
インセクティコンの1匹をまたも手榴弾で吹き飛ばすバルクヘッド
残りのインセクティコンを毒エネで押さえつけ、残りはハードシェルただ1匹
壮絶な殴り合いの末、ハードシェルと毒エネを火口のマグマへ叩き込むバルクヘッド
毒エネがマグマの中に沈むのを確認したバルクヘッドは、ファウラーにグランドブリッジの開放を要求
グランドブリッジの中へ入るバルクヘッド
だが、生きていたハードシェルのブラスターに背中を撃たれ、
バルクヘッドが撃たれた勢いのまま基地へ飛び込んできた
続く

OPはバルクヘッドの挨拶から始まりますた
インセクティコン「メガトロンたま、いつ見てもかっこいいなぁ そこにしびれる憧れる~」
加藤氏、何故急にジョジョネタを
メガトロン「一番強い奴出てこいや!」
藤原氏、何故急に高田氏に
そして謎のハイテンションで本筋と関係ないことを喋くる新キャラ・ハードシェル
和尚が2とか着払いとかプルーンプルーンケツがプルーンとか意味わかんなすぎてワロタ
ひょっとして今日はギャグ回ですか!?
ハードシェルを演じるのは岩田光央氏
出たーBW声優!
今回の意味不明なトークはアドリブな気がしてきたぜー!!
ハードシェルの名称はゲーム版登場するインセクティコンから流用されたもので、
G1でいうボンブシェルに相当するキャラクターなんだそうですね
バルクヘッドのエネルゴン舐めたハードシェルがレモン味って言ってたけど、
エネルゴンてレモン味なの!?
あと今回の毒エネはくっせえらしいです
以前オプが向かった南極の施設から人間を撤退させなくてはならないシーンがあって、
ファウラー捜査官がどうやって撤退させたのか謎でししたが、
「軍の衛星が危険な太陽フレアの活動を探知した」と電話しているシーンが今回ありましたね
各キャラの遺産捜索が同時間軸で行われていたのがよく分かった回でした
ファウラーさんがバルクヘッドの精神的支えになるのが素晴らしかった
やはりなんだかんだで仕事の出来る男だなファウラーさん
しかし、毒エネ、オートボットを死に至らしめたこんなものをなんで遺産として残してたんだろうか
処分すべきだったろ



トランスフォーマープライム AM-31 フレンジー
タカラトミー
2013-01-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by トランスフォーマープライム AM-31 フレンジー の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック