n-zenの葉酸ってなに・別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第50話 感想

<<   作成日時 : 2017/04/02 20:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

私だ
第50話「彼らの居場所」

最終回
アバンは地下トンネルが開通し、先頭はもうすぐクリュセにつくらしい
OPテーマをBGMに戦闘を続ける地上のMS隊
筋肉隊って正式名称になったのかよ昭弘

Aパート
三日月と昭弘のガンダム2機が殿になりユージン達MS隊を先に逃がします
イオクがまた余計なことするぞーと思ったらジュリエッタが地上に降りてきて止めおった
チッ
勝ち戦で死にたくないからギャラルホルンの当たりが弱くなって更に撤退し始めた
と思ったら衛星軌道からダインスレイヴで地上を狙ってきやがった
これが例の部隊か、つくづく恐ろしい兵器や
意識が朦朧とする中でオルガと出会った頃を思い出す三日月、
三日月にとってその出会いの日=自分の生まれた日も同じなのね
ボロボロになりながらも戦い続けるバルバトスとグシオン
グシオンがイオクのグレイズをニッパーで潰したあああああああああああああああ
イオク圧死
しかし他のグレイズの攻撃を受け昭弘死亡
最後まで抵抗する三日月、ジュリエッタの攻撃でコクピットが露出
バルバトスはレギンレイズ・ジュリアに文字通り首を獲られ、三日月死亡
Aパートで主人公死んでもうた…

Bパート
マクギリス・ファリド事件を収めたことでギャラルホルンは復権
セブンスター制度は廃止してより民主的なものとなり、ラスタルがその代表に就任
支配層が撤退した火星は連合となりクーデリアがその議長に就任
ガエリオ車椅子乗ってる、そこまでの怪我負ったっけ?
それともアインシステムを使いすぎた代償か、
システムにリンクする阿頼耶識の施術を取っ払って、
身体機能が1期のグリムゲルデにやられた後くらいに戻った?
悪魔の首を上げたジュリエッタはギャラルホルンの次代を担うと目されるように
野望や大義でなく、鉄華団はただただ人として生きようとしただけだった
感慨にふけるガエリオとジュリエッタなんだが、なにこの2人できてんの?
背が伸びたタカキは蒔苗派閥のアーブラウ議員だったラスカーの秘書に
ラスカーがアーブラウ代表になってて蒔苗はもう故人か
鉄華団の生き残りはみんなクーデリアの世話になってたり一般企業?に就職したり
と思ったらライド等一部のメンバーが行方知れずで、トイレ中のノブリスを暗殺!
おやっさんとメリビットさんもう子供2人もいるのか
クーデリアがアトラの元を訪れると暁なる子供が
目が三日月そっくりじゃないですかー
BパートからEDまで丸々エピローグだった

てことで25話でした
まあとりあえず全滅エンドじゃなくてよかった
三日月達が死んだ後、少年達が戦場に駆り出されない平和な世界になりつつありますと
三日月はオルガとの約束を果たしたし、昭弘は仇を討てた
でもラスタルがお咎め無しで終わりなのはモヤモヤするなー
真田幸村達豊臣方が最後まで戦ったけど死んで、
腹黒い家康が世を治めて平和が来ましたって昨年の大河に例えるとリアルかもしれんが
しかし権力支配による現状維持だと思ってたからセブンスター解体して民主化は意外だ
現状維持だと第二、第三のマクギリスや鉄華団が現れると考えたのだろうか
クーデリア達もラスタルが死んだら戦乱の世に戻るのが分かってるから、
本音抑えて笑顔で握手したんだろうな
鉄華団もマッキーにくっついてた輩くらいにしか世間には思われてなくて、
時間の経過と共に忘れられちゃうのもリアルっちゃリアルかな
ただライド達行方眩ました過激派が不穏だ、そのうちラスタル狙いに行きやしないだろうか
逃げ延びてメリビットに抱きしめられた時、
自分のせいでオルガが死んだことをもう悩まないでいけるかと思ったんだけど
この後もずっと引きずっていきそうだなあ
うーんなんか整理つかないや
これにて鉄血のオルフェンズ&日5のアニメ枠終了
お疲れ様でした



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日給16万稼ぐ元皿洗いのネット収入構
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第50話 感想 n-zenの葉酸ってなに・別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる